FRIDAY(フライデー)

第二代王者ますだおかだ・増田が回想する「混沌としていた初期M-1の舞台裏」

無料

8月1日、「M-1グランプリ2022」の幕が切って落とされた。

今年で18度目の開催となる「M-1グランプリ」だが、2001年の第1回大会のときのエントリー数は1603組。今年は、その4倍超となる7261組(史上最多)がエントリーした。20年以上の時を経て、「M-1グランプリ」が一大イベントへと成長したことが、この数字からもよくわかる。

いまでこそ「優勝すれば最高の栄誉」「ファイナリストになっただけでも売れる」というイメージが定着したM-1だが、実は、その始まりは混沌としたものだった。

「思い入れがあるわけではないんです」その真意を増田が語った
すべての写真(全3枚)

「M-1が始まったときは、第2回があるのかどうかもわからないような状況やったと思います。だから、第1回という言い方はしていないはず。『ようわからんけど、ゴールデンタイムで流れる大きな漫才のイベントがある』と。それぐらいの情報しかなくて、どういう大会なのか、まったくわからなかった」

そう証言するのは、「M-1グランプリ2001」に出場し、翌年、王者へと上りつめたますだおかだ・増田英彦だ。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • M-1
  • お笑い芸人
  • 取材・文我妻弘崇

  • 撮影丸山剛史

  • 衣装じぃんず工房大方

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.