FRIDAY(フライデー)

ママタルト、今年のM-1に自信「絶対優勝するっちゅーねん」

2022 M-1への道:「ママタルト」【前編】

TBSラジオ「マイナビLaughter NightチャンピオンLIVE」「ツギクル芸人グランプリ」で決勝の常連となり、ジワジワと存在感を増しているママタルトの大鶴肥満と檜原洋平。2016年のコンビ結成後、「M-1グランプリ」でも着実にステップアップを図ってきた。

そんな彼らが今年のM-1に懸ける思いとは――。昨年のM-1決勝で感じたこと、準々決勝の壁を崩すために必要なもの、今大会のライバル、「絶対優勝する」と言えるようになった理由など、2人の“現在”を赤裸々に語ってもらった。

2016年のコンビ結成後、「M-1グランプリ」でも着実にステップアップを図ってきたママタルトの檜原洋平(写真左)と大鶴肥満(撮影:スギゾー)
すべての写真(全5枚)

漫才がうまい関西勢の時代からちょっとずつ変わってきた

――昨年のM-1グランプリは錦鯉が優勝。モグライダー、真空ジェシカ、ランジャタイが初の決勝進出を決めました。

肥満:僕は、真空(ジェシカ)さんが決勝いったのを知った時に「先いかんといてくれー」って(苦笑)。気持ちを整理するまでに1、2日ぐらい掛かりました。それ以降はぜんぜん応援ムードに変われたんですけどね。

檜原:真空ジェシカはけっこう仲良くやってたので、「同じタイミングで決勝にいきたかった」って気持ちはありましたね。もともと粗品くんと仲良くて、2018年に霜降り明星が決勝いって優勝した時にも同じ感じになったのを思い出しました。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

  • M-1
  • お笑い芸人
  • 取材・文鈴木旭

    フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。2021年4月に『志村けん論』(朝日新聞出版)を出版。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中。http://s-akira.jp/

  • 撮影スギゾー

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.