FRIDAY(フライデー)

「コント」で世界を目指す!ゾフィー上田が追いかける野望

気付いたら終わってた今年の「キングオブコント」

キングオブコント決勝に2度進出した実力者で、腹話術人形“ふくちゃん”を操る芸人としてもお馴染みのゾフィー・上田航平。2019年からは事務所の垣根を超えたコントユニット「コント村」をスタートさせるなど、若手をけん引する存在としても知られている。

そんな彼は、今年のキングオブコントをどう見ていたのか。初参加となる2014年からの大会の変遷、若い世代のコントユニットが同時期に多発した理由、今思い描いている壮大なビジョンまで、上田の知るコント事情について幅広く語ってもらった。

すべての写真(全4枚)

空気階段は、1本目のネタを見終わった後に「優勝だな」って

――今年のキングオブコントは残念ながら準々決勝で敗退。率直な心境をうかがえますか?

上田:今まで奇跡的にずっと準決勝までは行けてたから、ずっと落ち込んでましたね。相方が濃厚接触者になっちゃって、動画審査っていう形だったからライブ会場にも行ってないし。「ウケたのに」とか「ウケなかったからなぁ」っていうのもなくて、気付いたら終わってた感じなんですよ。 

今までは準決勝終わってから結果が出て、2、3週間で決勝じゃないですか。それが今回はヘコむ期間が長過ぎて、何とも言えない気分になりました。でも、テレビで決勝戦を見たらめちゃくちゃ面白くて、「あ、面白いは悔しさに勝るんだ」と思って。それから、やっぱあそこに立ちたいし、今後もコントを作ろうって前向きな気持ちになりました。

+1
すべての写真(全4枚)
  • 取材・文鈴木旭

  • 撮影スギゾー。

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.