FRIDAY(フライデー)

東京ホテイソンが語るM-1へのリアルな思い「今年が一番怖い…」

2022 M-1、KOCへの道:「東京ホテイソン」【前編】

岡山の伝統芸能・備中神楽をモチーフとした漫才で知られる東京ホテイソンのたけるとショーゴ。コンビ結成後、早くからネタ番組に出演して注目を浴び、2020年には「M-1グランプリ」決勝に進出。念願の晴れ舞台で漫才を披露した。

彼らは今、M-1とどう向き合っているのか。昨年の敗者復活戦やここ数年の東京のライブシーンについて思うこと、2020年のM-1決勝を振り返ってのエピソード、今年のライバルや準決勝の常連組から離脱する怖さなど、彼らのリアルな本音に迫る。

すべての写真(全4枚)

準決勝でもウケてたし、「すげぇな真空さん」って思いました

――昨年のM-1グランプリでは敗者復活戦で5位。この結果はどう受け止めましたか?

たける:そんな上でしたっけ? 敗者復活戦って正直覚えてないというか。決勝にいかないと、状況が変わんないっちゃ変わんないので。僕自身、ちゃんと把握はしてなかったですね。

ショーゴ:決勝いけなかったことは悔しかったですけど、「5位までいったんだ」っていう嬉しさはありました。ニューヨークさんより上なんだと思って。自分たちのこと「人気ない」ってずっと言ってきましたけど、2020年に決勝にいって1年間やった結果が敗者復活戦の投票に出たのかなっていう。

+1
すべての写真(全4枚)
  • 取材・文鈴木旭

    フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。2021年4月に『志村けん論』(朝日新聞出版)を出版。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中。http://s-akira.jp/

  • 撮影佐藤克秋

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.