FRIDAY(フライデー)

KOC4度決勝進出のGAG福井が語る「コント界の大変化」

“ひくねと”(低くねっとりとした声)と称される独特のツッコミで知られ、キングオブコント決勝に4度進出した実力者でもあるGAG・福井俊太郎。現在、埼玉の大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動するユニット「大宮セブン」のメンバーとしても活躍中だ。

そんな彼は、今年のキングオブコントに何を思ったのか。大会に挑む姿勢が変わったターニングポイント、若い世代のコントユニットに感じること、東西のコントにおける見せ方の違いなど、コントにまつわる様々な事情について話を聞いた。

すべての写真(全5枚)


僕らとしては納得の結果…去年よりウケてるぐらいじゃないと通らない

――今年のキングオブコントは残念ながら決勝進出ならずでした。率直な心境をうかがえますか? 

福井:例年ある準決勝2日間のうち、今年は1日目にあまり手応えを感じなかった。しっかり2日ともウケた人たちが決勝に行ったと思うので、ぜんぜん僕らとしては納得の結果です。去年までは、「ミスはなかったな」「やり切ったな」という感じがあったんですけど、今年はなかった。初日に「ちょっとよくないなぁ」という印象があったんですけど、改めてそういう反応がモロに響く大会だなと思いましたね。

――YouTubeチャンネル「GAG福井の『ひくねとチャンネル』」の中で作家のオノウエさんは、「会場の奥のほうまで笑いの圧が届いていた」とおっしゃっていましたよね。

+2
すべての写真(全5枚)
  • 取材・文鈴木旭

  • 撮影スギゾー。

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.