FRIDAY(フライデー)

ダイヤモンド「地上波じゃ背負えない笑い」を見せる二人の本音

2021年の元日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「おもしろ荘」で優勝を果たしたお笑いコンビ・ダイヤモンドの野澤輸出と小野竜輔。彼らの笑いは「わかりやすさ」が求められる今の時代には珍しく、「ニュアンス」を肝としている。 

彼らはどんな道のりでチャンスをつかんだのか。コンビ結成の経緯やそれぞれのルーツ、芸人のYouTube事情や同期であるニューヨークに対する思いなど、二人の核心を赤裸々に語ってもらった。 

ダイヤモンドの野澤輸出(左)と小野竜輔(撮影:スギゾー)
すべての写真(全4枚)


テレビ向きではない生粋のテレビっ子

――まずは「おもしろ荘」の優勝おめでとうございます!  その後、朝の情報番組『スッキリ』『シューイチ』や『ぐるナイ』(いずれも日テレ系)の「ゴチになります!22」にも出演されましたが反響はありましたか?

小野:反響はそうですね……。今までテレビまったく出てなかったので、いろんな方から連絡をいただいたりはしたんですけど。手応えはなんかあんまなかったですね、うまくいったなっていうのは別になくて。 

野澤:いろんな朝の番組とか出してもらってありがたかったですけど。変わったかというと……う~ん、まぁ変わったのは変わったんですけど、劇的でもないっていうのもあれですけど(笑)。 

+1
すべての写真(全4枚)
  • 取材・文鈴木旭

  • 撮影スギゾー。

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.