FRIDAY(フライデー)

独特な世界を放つ漫才コンビ・キュウが狙う「ドッと笑えるもの」

2022 M-1、KOCへの道:「キュウ」【前編】

着実に存在感を示している「キュウ」のぴろ(写真左)と清水誠(同右)(撮影:スギゾー)
すべての写真(全5枚)

飄々としたキャラクターで独特な世界観を放つ漫才コンビ・キュウの清水誠とぴろ。彼らは2年連続で『M-1グランプリ』準決勝に姿を現し、昨年の『マイナビLaughter Night』グランドチャンピオン大会、昨年と今年の『ツギクル芸人グランプリ』で決勝に進出するなど、着実に存在感を示している。

そんな二人が目指している漫才とはどんなものか。昨年のM-1敗者復活戦で「ルパン」を選んだ理由、尊敬する漫才コンビ・笑い飯から受け取ったもの、M-1で勝つために必要なことなど、今まさにコンビが抱えているリアルな心境を聞いた。

M-1の戦い方が見えてきた

――2年連続でM-1グランプリ準決勝進出。これまでの何が結果に結びついていると思いますか?

ぴろ:やってることはそんな変わらないんですけど、芸人とかテレビ局の方とか、いろんな人たちが認知してくれて名前を出して評価してくれるようになったのが大きいと思います。その影響でいろんな方と出会ったりとかして、気付かない部分で成長してるところもあるとは思うんですけど。

清水:「継続は力なり」じゃないですけど、本当に続けていたらって感じですね。僕の勝手なイメージでは、年を追うごとにちょっとずつ軌道修正して着実に前に進んできてるというか。M-1に関しての戦い方とか、「これだけやってこなきゃわかんなかったな」ってことは確実にありますね、見えてきたというか。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

  • M-1
  • お笑い芸人
  • 取材・文鈴木旭

    フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。2021年4月に『志村けん論』(朝日新聞出版)を出版。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中。http://s-akira.jp/

  • 撮影スギゾー

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.