FRIDAY

若手の注目株・コント師「金の国」が語る予選前の「嫌な気持ち」

2022 M-1,KOCへの道:「金の国」【前編】

無料

昨年、突如として頭角を現したお笑いコンビ・金の国の渡部おにぎりと桃沢健輔。彼らは「ツギクル芸人グランプリ2021」、「マイナビLaughter Night グランドチャンピオン大会」と立て続けに優勝を果たし、一気に若手の注目株となった。

そんな二人の目の前に立ちはだかる壁が、コント師の頂上決戦「キングオブコント」だ。大会の苦い思い出、ライバル視しているコント師、予選を前にライブ数を減らそうと考える理由など、今年のキングオブコントに対するコンビの“本音”を聞いた。

「金の国」の渡部おにぎり(写真左)と桃沢健輔(同右)。「ツギクル芸人グランプリ2021」、「マイナビLaughter Night グランドチャンピオン大会」と立て続けに優勝を果たし、一気に若手の注目株に(撮影:スギゾー)
すべての写真(全4枚)

「ウケたぞ」と思ったら…

――昨年から賞レースで結果を出して、バラエティーでも活躍されています。今年は「キングオブコント」で結果を残したい、という気持ちが増したんじゃないですか?

渡部:一応、去年は「ツギクル芸人グランプリ」と「マイナビLaughter Night」のグランドチャンピオン大会で優勝させてもらって。けっこう周りの人からも「次はキングオブコントだな」みたいに言われるんですけど、僕らってキングオブコントにあんまりいい思い出がないんですよ(苦笑)。

桃沢:もちろん「キングオブコントで評価されたい」って気持ちはあるんですけど、「絶対優勝するぞ」みたいなのはプレッシャーがすご過ぎて考えられないですね。もちろん2分ネタと5分ネタが必要になるんで、常に意識しながらネタを作ることにはなりますけど。あんまり考え過ぎると、本当に嫌になってきちゃうので。

+1
すべての写真(全4枚)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.