FRIDAY

カルロス・ゴーン潔白を主張「逃亡先レバノンで裁判」という茶番劇

頼りにしているのはレバノンの美人弁護士

カルロス・ゴーン潔白を主張「逃亡先レバノンで裁判」という茶番劇
すべての写真(全2枚)

1月8日、レバノンで記者会見を開いたゴーン被告。日本の司法制度を批判するとともに自身の潔白を主張した

「一部報道によると、レバノンと日本は(国外で訴追された)ゴーン被告の身柄を日本に引き渡すか、レバノン国内で裁くかを約40日以内に決める必要があると言われている。仮にこの報道が正しく、かつゴーン被告の身柄が日本に引き渡されなければ、彼の裁判はレバノンで行われることになるでしょう。

 そこで現在、ゴーン被告は裁判に備えて週に2度ほど自身の弁護団と打ち合わせをしています。その弁護団が非常に強力で、とくに『ベイルート弁護士会』前会長のアマル・ハダッド氏は敏腕女性弁護士として有名です。ゴーン被告も、『彼女が弁護団にいれば無罪は確実』と安心しているでしょう」

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.