FRIDAY(フライデー)

東京五輪1年延期で「世界水泳」と合弁開催のトンデモ案が浮上

金も口も出すアメリカのテレビ局とトランプ政権がゴリ押しの可能性も

東京五輪1年延期で「世界水泳」と合弁開催のトンデモ案が浮上
すべての写真(全1枚)

3月20日、ギリシャから届いた聖火を吉田沙保里(左)と野村忠宏が聖火皿に点火するも肝心のリレーは中止

 東京五輪の通常開催が頓挫した。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長や安倍晋三総理が「開催に自信を持っている」と繰り返すウラで、3月頭から米政府が「今年の開催はまずない」と一部の航空会社やホテルチェーンに通達していたのは本誌既報の通り。

 バッハ会長と安倍総理は3月24日に電話会談を行い、「1年程度の延期」で合意したが、主導権を握っているのは、残念ながらこの二人ではない。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.