FRIDAY(フライデー)

シリーズ 最新治療の名医たち――14「切開8㎜」「術後2時間で歩行」最新ヘルニア(腰椎椎間板)手術の改革者

シリーズ 最新治療の名医たち――14「切開8㎜」「術後2時間で歩行」最新ヘルニア(腰椎椎間板)手術の改革者 画像1
すべての写真(全5枚)

ドイツの企業と開発したオリジナルの小型内視鏡を使ってヘルニア部分をつまみ取る出沢医師。局所麻酔のため、患者は治療を受けながら目の前のモニターで痛みの元凶が摘出される様子を確認できる

Photo:浜村菜月

 足腰の激痛としびれで寝たきりだった椎間板(ついかんばん)ヘルニアの患者が、局所麻酔で手術を受けると、2時間後には歩行が可能になり、元気に翌日退院する−−。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.