FRIDAY

記者会見では語らなかった問題の核心 小保方晴子リケジョ潰しの全真相

日本最高峰の研究機関、理研に対し不服申し立てをした翌日、会見に現れた小保方晴子氏の顔は、1月末に比べ明らかにやつれていた。
論文の撤回はせず、STAP細胞の存在を信じ続ける彼女だけが悪いのか――。

記者会見では語らなかった問題の核心 小保方晴子リケジョ潰しの全真相 画像1
すべての写真(全3枚)

 タイトな紺のワンピースにパールのネックレス姿で現れた小保方氏。うつろな目に涙を浮かべていた 

Photo:朝井 豊

「STAP細胞は、あります!」 

 71日ぶりに表舞台に出てきた理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダー(30)は、紺色のワンピース姿で現れた。長いつけまつげはしていなかった。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.