FRIDAY

シリーズ 最新治療の名医たち――15 美しさと根治を両立乳房温存手術の先駆者

取材・文|青木直美(医療ジャーナリスト) 

シリーズ 最新治療の名医たち――15 美しさと根治を両立乳房温存手術の先駆者 画像1
すべての写真(全5枚)

 腫瘍の周りにマージンをつけ電気メスで丁寧に剥離していく津川医師(左)。腫瘍の摘出後は迅速病理へ。「断端陰性」の連絡を受け欠損部を整える。術後、患者は3泊4日で退院した 

「乳がんは男性でもなるんですよ。発症頻度は少ないですが、女性だけが罹(かか)るがんではないんです。日本人女性の罹患(りかん)はがんの中で最も多く、好発年齢が45〜49歳なので、子育ての真っ直中、職場で責任ある仕事に就(つ)いているという方も多い。食生活の欧米化や、高齢者人口の増加の影響で、最近は年配者の発症も増えています。男性にとっては、大事なパートナーや親の問題でもあるのです」 

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.