FRIDAY

地元で観測を続ける専門家が断言 桜島大噴火目前で50㎞圏 川内原発は本当に危ない!

地元で観測を続ける専門家が断言 桜島大噴火目前で50㎞圏 川内原発は本当に危ない! 画像1
すべての写真(全4枚)

’13年8月18日夕方、桜島は昭和火口で爆発的噴火を起こし、その噴煙ははるか5000m上空まで届いた

Photo:共同通信

 鹿児島・桜島が危険な状態にある。

 現在の噴火警戒レベルは3(入山規制)。御嶽山(おんたけさん)ですら噴火前はレベル1(平常)だった。昨年8月には爆発的噴火を起こし、5000mの高さまで噴煙を上げた(上写真)。気象庁の最新情報によれば、10月10〜14日も活発な活動が続き、この間の火山性地震は18回にのぼっている。

 30年来、桜島の観測を続けている京都大学防災研究所教授・火山活動研究センター長の井口正人氏はこう断言する。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.