FRIDAY(フライデー)

「新しい生活様式」の必需品? お助けロボットたちが世界で活躍

「3K」(きつい、きたない、危険)に「感染防止」をカバーするロボットを一挙公開

「新しい生活様式」の必需品? お助けロボットたちが世界で活躍
すべての写真(全6枚)

フィリピンの高校で行われた「サイバー卒業式」。ロボットに取り付けられたタブレットに生徒の顔が表示される

「これまで、ロボットは『3K(きつい、きたない、危険)』労働をサポートするために導入されることが多かったんです。コロナ・ショック以後はこれに『感染リスク』を加えて『4K』になったと言われ、『感染防止』の観点からもロボットが注目されるようになってきました」(サイエンスライターの森山和道氏)

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.