FRIDAY

バンコク市民が直後に撮影 人肉片が転がるテロ現場

グランド・ハイアットや
伊勢丹が立ち並ぶ
繁華街で突然

バンコク市民が直後に撮影 人肉片が転がるテロ現場 画像1
すべての写真(全4枚)

事件発生直後のラチャプラソン交差点。JR東日本の社員で現地に駐在していた安藤紘太さん(31)も巻き込まれ、重傷を負った

 8月17日の午後7時頃(日本時間同9時頃)、タイ・バンコク市内にあるラチャプラソン交差点。高級ホテルのグランド・ハイアットや大手百貨店の伊勢丹などが軒を連ねる商業中心街が、突然「バゴォーン!」という大きな爆発音とともにオレンジ色の光に包まれた。ヒンドゥー教神が祀(まつ)られているエラワン廟(びょう)付近で「IED」と呼ばれる手製爆弾が爆発したのだ。観光客や通行人など20名が死亡、日本人1人を含む125名が負傷した。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.