FRIDAY(フライデー)

パナマ文書に載った日本人お金持ちの豪邸と評判

ついに実名を公開!

パナマ文書に載った日本人お金持ちの豪邸と評判 画像1
すべての写真(全8枚)

 日本時間の5月10日午前3時過ぎ。タックスヘイブン(租税回避地)を利用していた資産家や企業のリスト「パナマ文書」の全貌が公開された。

 セコム創業者で同社最高顧問の飯田亮(まこと)氏(83)は英国領ヴァージン諸島(BVI)に法人を設立し、相続税対策のために利用していたという。

 飯田氏は29歳で日本警備保障(現セコム)を創業し、警備サービス業界のトップ企業にまで育て上げた立志伝中の名経営者。東京・世田谷区にある約500坪の土地に自宅を構え、軽井沢にも1000坪近い敷地と別荘を所有している。

+5
すべての写真(全8枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.