FRIDAY

頭に雪を載せて走った6区神奈川女子高生の「ど根性」

都道府県対抗女子駅伝

手足の感覚がなくなってもタスキをつないだ

頭に雪を載せて走った6区神奈川女子高生の「ど根性」 画像1
すべての写真(全1枚)

レース当日未明には10センチの積雪があり開催が危ぶまれたが2000人規模で練習場まで除雪した

 1月15日12時30分。京都・西京極陸上競技場をスタートした「都道府県対抗女子駅伝」。中学生から社会人までの混成チームで9区間タスキをつなぐレースは吹雪の中での戦いとなった。特に折り返し地点すぎの6区では、暴風雪の状態。

 NHKの中継車による映像では、6区でトップを守る神奈川県の高校生・長濱夕海香(ながはまゆみか)選手(18・写真)が頭に雪を積もらせ力走する姿が映されたが、次第にその姿すら見えない状態となった。レース後の彼女に話を聞いた。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.