FRIDAY(フライデー)

満身創痍 稀勢の里は強行出場すれば「引退の危機」

大丈夫!? 四股と屈伸のみで稽古早退 満身創痍 稀勢の里は強行出場すれば「引退の危機」
すべての写真(全2枚)

7月4日、朝から集まった30人ほどのファンの前で四股を踏む。親方は「現時点で休場は考えていない」と話す

 7月4日の朝8時半過ぎ、横綱・稀勢の里(31)が田子ノ浦部屋の稽古場に現れた。他の力士がぶつかり稽古をくり返すのを尻目に、四股(しこ)を踏み屈伸運動をくり返すばかり。3月にケガした左胸が痛むのか、顔をしかめることも度々。この日、稀勢の里は一度も土俵に上がることなく1時間半ほどで稽古場を後にした。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.