FRIDAY(フライデー)

CIAが送り込んだ最強の「金正恩暗殺部隊」

疑心暗鬼になった独裁者が側近を
粛清することでクーデターを誘発する狙いも

すべての写真(全3枚)

ICBM発射後、幹部らと成功を喜ぶ金正恩委員長。今回の発射は「米国に重大な警告を送るため」という

「仮にアメリカが軍事行動を起こせば、北朝鮮は同盟国、つまり日本や韓国内の米軍基地を反撃のターゲットにすると考えられます。そのため、同盟国内で一致した方針を持つ必要がある。北朝鮮がこれ以上挑発的な行為を続けるのであれば、アメリカが何らかの軍事行動を起こす可能性はあるでしょう」

 そう話すのは、米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮問題研究グループ『38ノース』のアナリスト、マイケル・エルマン氏だ。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.