FRIDAY(フライデー)

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第63回 速球も変化球も殺す「マウンドの違い」

連載 斉藤和巳の「エース脳」マウンドから見たドラマの裏側 第63回 速球も変化球も殺す「マウンドの違い」
すべての写真(全1枚)

2段モーションを指摘された影響で球威が落ち、痛打を浴びてKOされた菊池(8月24日のソフトバンク戦)

 8月24日のソフトバンク戦の初球でした。真っ直(す)ぐで空振りを取った後、西武の菊池雄星が2段モーションを指摘され、その後、3回7失点と崩れました。NPBの友寄(ともよせ)正人審判長との話し合いで疑問点を確認し、投球フォームを修正するようですが、パ・リーグナンバー1の防御率を誇る左腕でも、簡単にはいかないでしょう。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.