FRIDAY

川﨑宗則 体重15kg減も…“球界の元気印”を襲った自律神経失調症

無料

「ドン底から僕を救ったキャッチボール」

川﨑宗則 体重20kg減も…“球界の元気印”を襲った自律神経失調症
すべての写真(全9枚)

緊張をほぐすコツは「大地に触れること。意図的に重心を落とすことでフワついた心が落ち着く」。経験に基づいた野球解説が好評だ

「来年40歳になるんだけど、まさかこんなに楽しいとは思ってなかった。『身体が動かなくなって、野球を辞めているだろうな』と予想してたけど、実際は父親として我が子と向き合いながら、野球を楽しめている。テレビで解説をしながら、選手としてプレーしている。昔は解説なんてとんでもなかった。100%野球に集中しないといいプレーができないと思い込んで、メディアと距離を取っていたから」

 8月下旬、川﨑宗則(39)は都内で野球少年向けの動画を撮影していた。イチローに憧れて右打ちから左打ちに変えたこと。メジャー1年目の開幕戦、緊張しすぎてベンチで嘔吐(おうと)しそうになったこと。「緊張してるか? 俺もや!」と声をかけてくれたイチローがその日、4本もヒットを打ったこと――身振り手振りを交えて話す川﨑は心底、楽しそうだった。

 この直前、ルートインBCリーグの『栃木ゴールデンブレーブス』の練習に参加することが発表されたが、「つい先日、突発的に決めた」と笑う。

+6
すべての写真(全9枚)
+4

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.