FRIDAY

カルロス・ゴーン 拝金主義がバレてフランス政府から見捨てられた

カルロス・ゴーン 拝金主義がバレてフランス政府から見捨てられた
すべての写真(全2枚)

昨年11月、ルノーの工場を訪問したマクロン大統領とゴーン氏。マクロン氏が経産大臣時代からの付き合いだ

「ゴーン氏の取り調べは手加減なしで進めてよい――先日、フランス政府から日本政府に、内々にそんなメッセージが伝えられました。フランスの有力紙『ル・モンド』がゴーン氏に批判的な社説を載せたのも、こうした政府の意向が反映されたものと受けとめています」(国土交通省幹部)

 昨年11月19日のカルロス・ゴーン氏逮捕から2ヵ月以上が過ぎ、長期勾留に対してフランスを含む国際世論から批判が相次いだ。しかし、ここにきて状況が一変している。前出の国交省幹部が続ける。

「フランス側も逮捕直後からゴーン氏の資金の流れを調査していたのですが、その過程で彼がルノーの母国・フランスにほとんど納税していない疑いが浮上しました。これに対しフランス政府内でゴーン氏を批判する声が続出。税金を払わない人間を守る必要はない、という意見が大勢を占めたのです」

 フランスではマクロン大統領が経済政策に失敗し、支持率が23%にまで急降下するなど国内情勢が悪化中。「金持ち優遇」と糾弾されているマクロン大統領が、ゴーン氏のような拝金主義者を擁護する理由はない。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.