FRIDAY

埼玉西武ライオンズ・森友哉インタビュー「オレのバッティング革命」

一度は捕手を諦めた逸材が、今季はスタメンマスク&打率3割越え

埼玉西武ライオンズ森友哉インタビュー「オレのバッティング革命」
すべての写真(全3枚)

小学生のころからこのアッパースイングでヒットを量産。「ホームランに魅力を感じたことはないですね」(森)

 ドッシリと重心低く構え、ボールをカチ上げるように振りぬくフルスイングが、森友哉(23)の魅力だ。マン振りだと飛距離は出るが、精度は落ちる。そんな常識は森には通用しない。西岡剛、中村剛也(たけや)、中田翔、浅村栄斗(ひでと)ら、名だたる好打者をプロに送り込んだ母校・大阪桐蔭の西谷浩一監督は「凡打しても芯を喰う。森のミート技術の高さは歴代の教え子の中でナンバーワン」と公言している。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.