FRIDAY(フライデー)

「顔面スタンガン」告発に「大勝軒TOKYO」社長が猛反論

元店長が告発
お茶の水、大塚、勝浦に4店舗を構える有名ラーメン店でパワハラ裁判が勃発

人気ラーメン店『大勝軒』の元店長が起こした裁判が、ラーメンファンの間で大きな話題を呼んでいる。

元店長は11月30日に提訴すると、同日に会見を開き、『大勝軒』の系列店4店舗を運営する『株式会社 大勝軒TOKYO』の田内川(たうちがわ)真介社長を告発。未払いの残業代やパワハラ被害の慰謝料など計約1067万円を求めている。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.