FRIDAY

彭帥選手失踪の背後に石油利権がからんだ中国共産党内の権力闘争

「チャイニーズ・マン」IOCバッハ会長まで動員
国際スキャンダルの呆れた真相 元中国国営メディア幹部が証言

国際社会を巻き込むスキャンダルが明らかになって1ヵ月。いまだ、中国は火消しに躍起になっている。11月2日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で中国女子テニス界のスター・彭帥(ほうすい)(35)が張高麗(ちょうこうらい)前副首相(75)から「性的関係を強要された」と、告発したのが事の始まりだ。その後、彭帥は消息不明となったが、失踪から約3週間が経(た)った11月21日、事態は思わぬ展開を見せる。IOCのトーマス・バッハ会長が「彭帥とオンライン会談を行い、無事を確認した」と、突如発表したのだ。国際ジャーナリストの山田敏弘氏が言う。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTO共同通信社(1枚目)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.