FRIDAY(フライデー)

川崎市の“開かずの踏切” 遮断機が下りても通行数十人の無法地帯

JR南武線・平間駅前では開かずの踏切を待つこと20分。ムリに渡ろうとする人が続出中

川崎市の“開かずの踏切” 遮断機が下りても通行数十人の無法地帯
すべての写真(全3枚)

午前8時ごろ、平間駅前の踏切では、先を急ぐ乗用車が強引に踏切内に侵入。遮断機が車の後部を直撃した

 10月某日の午前8時ごろ、通勤ラッシュで混雑する駅前で、踏切が開くのを待っている通行人たち。その一人が左右をキョロキョロと見回した後、遮断機をくぐり抜けて渡った。それに続いて、数十人の通行人たちが一斉に踏切を強行突破し始める――。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.