FRIDAY

矢口高雄『釣りキチ三平』と歩んだ波乱万丈の漫画家人生

「一周忌」特別企画
描き続けて50年 次女・かおるさんらが明かす素顔と秘話
故郷・秋田と酒と家族をこよなく愛した

「僕は生涯、漫画家だ」

生前、そう語っていた漫画界の巨匠、矢口高雄さんが膵臓(すいぞう)がんを患い、81歳でこの世を去ったのは、昨年11月20日のことだ。’39年、秋田県の現・横手市、雪深い村の貧しい農家に生まれた矢口さん。少年時代から手塚治虫氏に憧れ、中学校の学級新聞で漫画を連載していた。高校卒業後は県内の銀行に就職。24歳で書店の娘と結婚し、2児の父となったが、幼い頃からの夢を諦(あきら)めきれず。白戸三平氏に影響され、銀行員として働く傍(かたわ)ら、漫画を描き、30歳の時に漫画雑誌『ガロ』にて漫画家デビューを果たす。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

  • PHOTO横手市増田まんが美術館 矢口プロダクション

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.