FRIDAY

「どうせ死刑になる」京アニ放火事件・容疑者は開き直り

犠牲者36人 全身火傷を生き延びた青葉真司容疑者が事情聴取で

「どうせ死刑になる」京アニ放火事件・容疑者は開き直り
すべての写真(全2枚)

京アニの八田英明社長は、放火され黒焦げとなった第1スタジオを取り壊す意向。跡地に碑を建てる計画もある

 戦後日本史上最多となる36人の命を奪った凶悪放火犯・青葉真司容疑者(41)が、ついに口を開いた。

「7月18日、アニメ制作会社『京都アニメーション』に放火した青葉は、自身も全身火傷を負い、一時は生死の境をさまよっていました。京都府警は何としても犯行動機を解明するため、青葉の蘇生を最優先。高度な治療を施すべく大阪府内の大学病院へ移送しました。懸命な治療のかいあって、青葉は7月末頃に意識を回復。容態がようやく落ち着き、11月8日から事情聴取が始まっています」(テレビ局社会部記者)

 いったい青葉は、何を理由に火を放ったのか――。本人が語った動機は到底許しがたいほど幼稚なものだった。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.