FRIDAY

事前予知は不可能 火山の大噴火に警戒せよ!

カナリア諸島、キラウエア火山、
小笠原の海底でも次々と噴火
日本には111の活火山があることを忘れてはいけない

火山の猛威は、すべてをのみ込んでいく――。大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島のラパルマ島では、9月19日に50年ぶりに火山が噴火。流れ出した溶岩流により、これまで建物約2000棟が破壊された。10月17日にはカナリア諸島自治州の首相が「噴火が早期に終息する兆候はない」と悲愴感に満ちたコメントをした。さらに9月末にハワイ島でもキラウエア火山が噴火している。

活火山が国内に111(世界4位)もある日本にとってこれは他人事ではない。

武蔵野学院大学特任教授(地球物理学)の島村英紀氏はこう警鐘を鳴らす。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

  • PHOTOロイタ—/アフロ

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.