FRIDAY

戦地を生き抜いた元日本人傭兵の告白「毎日仲間が死んでいった」

高部正樹(56)
いま世界が注目するアフガニスタン、ミャンマーなどで命のやりとりをして約20年

「仲間は毎日のように死んでいきました。引きずる人と、一晩だけは悲しみにひたって切り換える人がいましたが、私は後者でした。戦地では『死』を意識した人から先に死んでいくんです」

そう訥々(とつとつ)と語るのは、傭兵として世界各国の紛争に身を投じた高部正樹氏(56)だ。彼を戦地へと駆り立てたのは、ある”挫折”がきっかけだった。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

  • PHOTO吉田尚弘

  • 取材塩崎記子

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.