FRIDAY

コロナ禍のタクシー業界 生き残った運転手と廃業運転手の分かれ目

個人で顧客を抱えた運転手は勝ち組に
駅や会社の前で客待ちしていた運転手は大打撃

コロナ禍で最も影響を受けた業界の一つが、タクシーだろう。ドライバーの’20年の平均年収推計額(東京都)は338万円で、前年から約150万円の大幅減という壊滅的な状況だ。だが、そんな危機的状況下でも安定して稼ぎをあげ、コロナ禍を生き抜いている〝凄腕〟も存在する。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • 取材・文栗田シメイ(『コロナ禍を生き抜く タクシー業界サバイバル』著者)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.