FRIDAY

ウワサの「手帳類図書室」で“他人の秘密”を覗いてみた

東京・代々木の住宅街にひっそりと佇む
無名の一般人が書いた日記、スケジュール帳、闘病記録、ネタ帳など1500冊を所蔵

東京・代々木(渋谷区)にある「手帳類図書室」は、一時間1000円で人の秘密を覗(のぞ)けると密かに話題だ。匿名の人々の日記やスケジュール帳など約1500冊を所蔵しており、そのうち400冊ほどを自由に読むことができる。いったいどんな人生を垣間見られるのか。本誌記者が体験してきた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • PHOTO濱﨑慎治

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.