FRIDAY

戦火のアフガニスタンで国際テロ組織「アルカイダ」が復活する

反政府武装勢力タリバンが全土を制圧して政権が崩壊
米軍不在の混迷の中でこれから起こりうる最悪のシナリオ

「主要都市が1週間で陥落したことは予想外に迅速で、我々の比類なき勝利だ」

アメリカ軍の完全撤退の開始に端を発した反政府武装勢力タリバンのアフガニスタン侵攻。8月15日に首都カブールを制圧すると、冒頭の公式声明を世界中に発信し、さらに『アフガニスタン・イスラム首長国』の樹立を宣言する見通しだ。現地在住のジャーナリスト・安井浩美氏は陥落当日のカブールの様子を明かす。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

  • PHOTOアフロ(タリバン兵) 安井浩美(カブール市内) CNP/時事通信(飛行機)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.