FRIDAY

限界集落で暮らすニート11人の共同生活に密着ルポ

和歌山発
「コロナ禍でも特に何の影響もありません!」
最寄りの駅からクルマで1時間半、携帯の電波もほとんど入らない
山奥のシェアハウスで20~40代の男女が快適に過ごしていた!

「まだ着かないのかって思ってるでしょ」

そう語りかけてきたのは、和歌山県田辺市の山奥にあるシェアハウス「共生舎」で暮らす石井あらたさん(32)だ。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

  • 取材・文中西美穂

    フリージャーナリスト

  • PHOTO中西美穂 石井あらた氏提供(2・6枚目)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.