FRIDAY

【六本木発】【番長】清原が韓流四天王【チャン・ドンゴン】に挑んだ「夜の男前対決」撮った!

“オンナ連れ”でアカンかい!?

番長・清原には、やはり夜の街・六本木がよく似合う。けっして洒落た格好をしているわけでもないのに、ご覧のような存在感。ところがこの夜、番長も一目置く男がこのビルの中で待ち構えていたのである。相手は日本の女性を熱狂の渦に巻き込んだ韓流四天王の一人。日韓の超大物同士が繰り広げた「夜の男前」決戦の結末は――。

【六本木発】【番長】清原が韓流四天王【チャン・ドンゴン】に挑んだ「夜の男前対決」撮った!
すべての写真(全5枚)

ゴツい足の指もむき出しなサンダル姿の清原。横断歩道を闊歩してビルに着くと、周囲をジロリと見回した

「なんや、オンナ連れはアカンのかい? 野球と遊びは別もんやで」

 と、いかにもそんな言葉が口から飛び出しそうな雰囲気で、東京・六本木のネオン街に出現したのは“番長”清原和博(38)だ。ところが、鮮やかなブルーのTシャツに草履ばきという軽装で周囲をジロリと威圧する番長には、ピタリと寄り添う二つの影が……。一人は全身黒ずくめのパンツルックでグラマー系。そして、もう一人は豹柄のタンクトップ&長い足を包む細身のジーンズというスタイル抜群の美女である。

 9月24日夜10時すぎ。番長はそんな美女二人を伴い、雑居ビルの中のサパークラブへと消えていったのだ。今季限りで巨人退団が確実な番長は現在、左足半月板手術後のリハビリに励む毎日。で、この夜は、「ほんま辛気臭いのう。今夜はパーッといこやないか」と美女と連れ立って飲みにやってきた――わけではない。

 実はその1時間前のこと。番長に劣らぬほど存在感たっぷりの“超大物”がこの店を訪れていたのだ。韓流四天王の一人、チャン・ドンゴン(33)だ。この日、彼は日韓国交正常化40周年を記念してさいたまスーパーアリーナで開かれた『韓流オールスターサミット』に出席。終了後、一直線にこの店にやってきたのだった。店はドンゴン一行のために貸し切り。そう、番長は、この夜の「メインゲスト」というわけだったのだ。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.