FRIDAY

仮面女子 猪狩ともか「いつだって私は前向き思考で生きています」

’18年、不慮の事故で脊髄を損傷し、立つことも歩くこともできなくなった
「29歳、車いすアイドル」が東京パラリンピック開催直前に想いを語った

「私は怪我をするタイミングに恵まれていたのかもしれません。東京でパラリンピックが開催される数年前に事故に遭ったから、幅広い活動ができているのだと思います。新しい出会いも沢山あったし、100%悪いことばかりじゃないんですよ」

そう笑顔で語るのは地下アイドルユニット『仮面女子』のメンバー、猪狩(いがり)ともかさん(29)だ。猪狩さんは’18年春、東京都文京区の湯島聖堂の付近で、強風によって倒れた看板の下敷きとなり、脊髄を損傷して下半身不随に。今年5月には、倒壊した看板の管理責任は国にあるとして、東京地裁に損害賠償を求める訴訟を起こしたことでも注目を集めた。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

  • 取材・文尾谷幸憲

  • PHOTO濱﨑慎治

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.