FRIDAY

リオ五輪金メダリスト白井健三 父が息子に伝えた愛のメッセージ

6月16日、24歳での電撃引退を発表

誰よりも悔しさを知る父
「健三、やりたくなったらまたやればいい」

「本当に幸せな体操人生でした」

6月16日、体操の白井健三(24)が電撃引退を発表した。世界選手権とオリンピックで6つの金メダルを獲得した〝ひねり王子〟は、「選手としての未練は一つもない」と晴れやかな表情で語った。

『鶴見ジュニア体操クラブ』で3歳から白井を指導してきたのが、父・勝晃(まさあき)氏(61)だ。抱えてきた苦悩から引退の背景まで、誰よりも近くで見守り続けてきた父だから知る、息子との20年を聞いた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • PHOTO濱﨑慎治(1枚目)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.