FRIDAY

羽生結弦「もう一度金メダル」

ネーサン・チェンとの激闘を振り返ると、再び世界最強に返り咲く道筋が見えてきた

12月5日から7日、イタリア・トリノで行われたグランプリファイナルで

前王者と現王者がプライドをかけて激突した。

結果、王座奪還はならなかった羽生だが、

来年3月の世界選手権でのリベンジと

そして自らが理想とするスケートの実現に向け確かな一歩を刻んだ――。

羽生結弦「もう一度金メダル」
すべての写真(全12枚)

©ゲッティ・イメージズ

「自分にとっては4回転アクセル、4回転半というのは王様のジャンプ。それをやったうえでフィギュアスケーターとして(理想の演目を)完成したいという気持ちは強いです」

 グランプリファイナル激闘後の12月8日、記者会見で前人未到のジャンプへの思いを語った羽生結弦(25)。

 ネーサン・チェン(20・米国)から王座を奪還すべく臨んだ今大会だが、5日のショートプログラム、7日のフリーともチェンに次ぐ2位に終わり優勝を逃した。

+9
すべての写真(全12枚)
+7

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.