FRIDAY

変異株に襲われたフィリピン「コロナ医療崩壊」の現実

オリンピック開催に固執すれば日本はいずれこうなる
病院の前に設置された仮設施設すら満員
コロナ以外の重病人が死亡するケースが続出

東京オリンピック開催の是非をめぐって揺れる日本。IOCは「必ず開催」と強気の姿勢だが、その流れに逆らうように、日本各地の病院は「医療崩壊寸前」と悲痛な声を上げている。自民党の二階俊博幹事長も「五輪中止」発言をして物議を醸(かも)したが、実際問題、開催によって感染が拡大すれば、元も子もない。そんな日本の懸念を「先取り」するかのような医療崩壊が今、同じアジアの島国、フィリピンで起きている。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

  • 取材・文水谷竹秀

    ノンフィクションライター

  • PHOTOアフロ(1、4枚目)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.