FRIDAY(フライデー)

緊迫の米国×イラン トランプの要人殺害は第三次世界大戦の引き金

ドローンにより殺害されたイランのソレイマニ司令官。今後も要人が暗殺される可能性も

緊迫の米国×イラン トランプの要人殺害は第三次世界大戦の引き金
すべての写真(全2枚)

1月3日、イランの首都テヘランで司令官殺害に抗議するデモが行われ、数万人もの参加者が集結した

「トランプ大統領は極めて冷静に司令官暗殺を決断しました。今回の暗殺は、一部で彼の単独主義的な行動と言われているようですが、それは違います。トランプ大統領はイランがアメリカによる経済制裁を受けて弱体化している今のタイミングをわざと狙い、イラン国民にとっての英雄である司令官の暗殺を指示した。そうすることで、イランの現政権を内部から崩壊させようとしたのです」

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.