FRIDAY

反原発の申し子が語るあの日から10年――今、日本人に伝えたいこと

無料

京都大学原子炉実験所で41年間働いた
「原子力緊急事態宣言下で東京五輪を誘致した自民党政権を許さない」

3月3日の昼下がり、小出裕章(ひろあき)氏(71)は、長野県のJR松本駅前で「アベ政治の継続を許さない」と書かれたプラカードを掲げていた。原発を推進する自民党政権に抗議の意思を示すスタンディング活動だ。’15年7月にノンフィクション作家の澤地久枝氏(90)の呼びかけに応じて初めて駅前に立って以来、毎月欠かさず続けている。この日、小出氏とともに活動に参加した人数は30人以上。各々がプラカードを持参して集まり、およそ45分の間、一言も発することなく、道行く人に黙って問いかけ続けた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

  • 取材・文桐島 瞬(ジャーナリスト)

  • PHOTO桐島 瞬(1枚目) 朝日新聞

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.