FRIDAY(フライデー)

カルロス・ゴーン 2月発売予定の本に記された「不都合な真実」

父親は「死刑判決を受けた殺人犯」だった

カルロス・ゴーン 2月発売予定の本に記された「不都合な真実」
すべての写真(全1枚)

アルノー氏の取材は、ゴーン被告が逃亡直前に立ち寄ったとされる六本木の外資系高級ホテルで行った。フランス語版は2月5日に出版される予定だという

 レバノンで会見をして以降、連日のように個別取材を受けては、日本の司法制度への批判と自身の無実を繰り返し主張している日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)。事態は膠着(こうちゃく)しつつあるが、そんななか、1冊の本が話題になっている。フランス人ジャーナリストによる『LE FUGITIF(逃亡者)』だ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.