FRIDAY

もう”地味なビジネス街”じゃない「虎ノ門」五輪に向けて大変身

新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が6月開通。将来的には世界初&最大規模の回遊エリアが出現?

もう”地味なビジネス街”じゃない「虎ノ門」五輪に向けて大変身
すべての写真(全4枚)

森ビルが進める「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の建設予定地からは、東京タワーが間近に見える。左の三角建築は「霊友会」の釈迦殿だ

「6月6日に東京メトロ日比谷線では開通以来56年ぶりとなる新駅『虎ノ門ヒルズ駅』が開業します。周辺では’14年に建設された虎ノ門ヒルズ森タワーを先駆けとして、ビジネスタワー(4月開業予定)、レジデンシャルタワー(’21年竣工予定)、そして駅と一体化されるステーションタワー(’23年竣工予定)と4つの高層棟が林立する光景が、まもなく出現する。この再開発を手がける森ビルは、過去にアークヒルズを開発した時に、建築群に面する道路の細さで苦労した経験があります。そのため虎ノ門再開発では、道路、駅との一体開発という手法をとり、それがいよいよ形をなしつつあります」

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.