FRIDAY

コロナウィルス担当37歳警部・帰国者施設で飛び降り自殺のなぜ

警視庁から内閣官房に出向中のエリート警部に何があったのか

コロナウィルス担当37歳警部・帰国者施設で飛び降り自殺のなぜ
すべての写真(全2枚)

埼玉・和光の国立保健医療科学院は保健や医療に携わる職員に教育訓練を行う施設。寄宿舎を併設しており、中国・武漢から帰国した98名が収容された

 亡くなったのは、将来を嘱望された警視庁のエリート警部I氏(37)だった。

 2月1日10時15分頃、埼玉県和光市にある国立保健医療科学院の敷地内で倒れているI氏が発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺と見られる。現場は中国・武漢から政府のチャーター機で帰国した邦人を収容する施設だった。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.