FRIDAY(フライデー)

柔道日本代表・阿部一二三×丸山城志郎 恩師が明かすライバル物語

取材・文:柳川悠二 

66㎏の両雄は世界の2強 五輪よりも激しい国内の代表争い

柔道日本代表・阿部一二三×丸山城志郎 恩師が明かすライバル物語
すべての写真(全1枚)

7度戦って丸山城志郎(左)4勝、阿部一二三3勝。井上康生代表監督も「どちらが出ても金メダルを狙える」と期待を寄せる

 日本の柔道男子66㎏級には、ふたりの世界チャンピオンがいる。

 豪快な背負い投げを得意とし、’17年から世界選手権を2連覇した阿部一二三(ひふみ)(22・日本体育大学4年)と、昨年の世界選手権で初の世界一となった丸山城志郎(じょうしろう)(26・ミキハウス)だ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.