FRIDAY

『ジャルジャル』福徳秀介 実力派コント師が恋愛小説家になったワケ

『キング オブ コント2020』優勝
4年の歳月を費やして書き上げたデビュー作はホロ苦くて泣ける!

書影がプリントされたTシャツを着用して取材に応じた。本の表紙に使われているのは以前福徳秀介が飼っていた愛犬の写真だ
すべての写真(全4枚)

「恋愛ってええなあって思ってもらいたい。学校や会社が楽しくないって人にもなにか明るい光みたいなものを感じてほしい。そんなことを考えながら今回の作品を書きました」

そう語るのは人気お笑いコンビ『ジャルジャル』の福徳秀介(37)だ。今年9月、同い年の一般女性と結婚を発表し、その2週間後には、第1回から参戦し続けた『キングオブコント2020』で念願の王者に輝いた。活動の場はテレビや劇場だけにとどまらず、’18年2月からはコンビでのユーチューブチャンネルに毎日欠かさず新作コントを投稿。オリジナルの持ちネタは8000本を超えている。そんな彼が11月11日、初となる長編小説『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』(小学館)を上梓(じょうし)した。「恥ずかしいからプロポーズもLINEで言った」というシャイな福徳らしい、繊細な恋愛小説だ。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • PHOTO會田 園

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.