FRIDAY(フライデー)

職員が泣いている 大阪・松井市長が仕事の合間に打つ注射の中身

なぜ大阪・なんばのクリニックでたっぷり1時間滞在していたのか

職員が泣いている 大阪・松井市長が仕事の合間に打つ注射の中身
すべての写真(全3枚)

なんばのクリニックで点滴注射する松井一郎市長。瞑想にふけったり、ツイッターを眺めたり、のんびりと過ごした

「私が注射を受けていると、あとから大阪市民なら誰でも知っている顔が入ってきたので驚きましたよ。人違いかとも思いましたが、あの風体は見間違えようがないでしょ。松井さんは30分ほど注射をしてから診察を受けて、ちょうど1時間くらい滞在してました。注射の間はボーッと窓から外を眺めて、時々思い出したようにタブレットでツイッターをチェックしていました。市長いうのもエラいヒマなんやなぁと思いましたね」(居合わせた常連客)

 政治家たるもの見た目が大事なのはわかるが、何も平日の日中に行かなくてもいいのではないか。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.