FRIDAY

内情告発で賛否!岩田健太郎教授「クルーズ船内」の全てを語った

ダイヤモンド・プリンセス号から”追放”された教授が動画で語らなかったことも明かす

内情告発で賛否!岩田健太郎教授「クルーズ船内」の全てを語った
すべての写真(全2枚)

岩田教授はエボラ出血熱やSARSなど数々の感染症と相対してきたが「感染の恐怖を感じたのは今回が初」

 ウイルスがいるかもしれない「レッドゾーン」と、安全な「グリーンゾーン」がグチャグチャに入り乱れていて、どこが危険なのかがわからない。なのに、船内で作業する医師や厚生労働省の職員らスタッフはマスクもしていなかったり、手袋だけ嵌(は)めていたり――。

 2月18日、神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授(48)が『YouTube』にアップした船内レポートは世界に衝撃を与えた。勇気ある告発だと讃(たた)える声もあれば、「現場を混乱させた」と批判する声も上がった。事実、岩田教授は乗船から2時間で船を降ろされているのだが、沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科副部長の高山義浩医師はSNSで〈あの方がいると仕事ができないということで、下船させられてしまったという経緯です〉と〝追放〟理由を明かしている。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.