FRIDAY

新型コロナで隔離 日本人写真家の「恐怖と衰弱の14日間」体験

撮影・文:花井 亨 

西アフリカ・リベリアで取材に行った花井亨氏による現地ルポ

新型コロナで隔離 日本人写真家の「恐怖と衰弱の14日間」体験
すべての写真(全6枚)

施設職員の体温チェックを受ける筆者。微熱があった3月3日は深夜まで1時間おきに検温されて疲労困憊

 2月23日夜8時、リベリアの首都モンロビアに到着した。私を迎えに来ている今回の取材対象、『国境なき医師団』のメンバーと合流するため、足早に入国管理局へ向かうと、マスク姿の職員が体温計を手に待っていた。パスポートを手渡す。

「JAPANESE?」

「YES!」と答えるや、私は列から外された。その後、空港の外に停まっていたボロボロの小型バスに乗せられた。パスポートは取り上げられたままだ。やがてバスは発進。街灯も交差点もない真っ暗なメインストリートを走り始めた。2時間近く走っただろうか。鉄条網が張り巡らされた高い塀に囲まれた施設のゲートをバスがくぐり、病院跡のような不気味な建物に到着した。部屋に通されて私は呟(つぶや)いた。「刑務所だろ、ここ……」。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.